今の〇〇を認めると楽になる方法

今の〇〇を認めると気持ちが楽になる方法

楽

 

 

こんにちは!

 

豊田市駅から徒歩5分、

整体院「紡ぐ」です。

 

最近、お客さんのお話を聞かせていただくと、

自分が自律神経失調症だった時を

振り返る事があります。

 

そんな時にそうだな~、

そう思うから体も心も辛くなるんだな~と

辛かった体の症状を乗り越えた時の事を

思い出します^^

 

そんな事を思い出したら、

体が辛くなった時と楽だった時、

なにが辛かったかを考えました。

 

自分の体が元気でやりたい事が出来た時と

今の自分がやれなくなった、ギャップの差が

辛かったり、苦しかったりする、そんな事はありませんか?

 

理想と現実のギャップの差が苦しい?!

悩み

 

・本当は子供に怒らずに優しくしてあげたい。

・本当は仕事に集中したい。

・本当は休みの日にどこかに出掛けたい。

 

で体が辛くて、頭で考えていることと

気持ちがついて行かない。

 

前までは出来ていたのに出来ない自分。

やりたいのに出来ないと周りにも迷惑をかけてしまって、

余計にイライラしてしまう事もある。

 

そんな事はありませんか?

 

僕自身、そんな事を思う辛い時期もありました。

 

そう考えれば、考えるほど、

気持ちも体も疲れやすくなっていきました。

 

それから少し見方を変えてみました^^

 

今はがんばっても体も心も動くのにも限界がある。

がんばった分、休む時だから、今、やれることをしよう

 

それはの自分を認める事でした

8c5eb8beccef21f2d62270e9ed076665_s

 

今の自分はここまでしかできないから、

周りに助けてもらったり、お願いをしよう。

 

無理をして、頑張らなくていいところは

 

「今できる事をしよう」

 

そうなんですよね^^

 

大事なのは前の自分と比べる事ではなくて、

今の自分になにができるか?

 

過去の自分が出来ていて、

今の自分が出来ていないからダメ。

もっとがんばれと自分にムチを打つと

余計に気持ちも体も付いていかなくなってしまうんですよね^^

 

それってすごい自分に厳しくないですか?

だから、今の自分になにが出来るのか?が

大切なんだなって気付きました。

 

どう考えても今出来る事しかできないから、

良い意味で前出来た事を今は諦めてみる。

 

その分、今に生きる事に意識を向けると

今できる事だけしか、考えません。

そうすると出来た時の自分と比べる事がなくなって、

体も心も少し楽になります。

 

それが

 

今の自分を認めると楽になる方法です^^


ありがとうございます。

 

僕自身も昔は出来ていた時の

自分と比べてしまって、

苦しかった事もありました。

 

たくさんのお客さんが今出来る事を

意識していく事で気持ちも体も

改善されていく事から、

大切な事を改めて、教わっています。

 

そんな今の連続が

前の元気だった時の自分を取り戻し、

前ではなく、今の連続が未来の自分に

進んで行けれるんだと思います。

 

道

 

そんな事を言っても今、辛いんです。

そう思われる方いらっしゃるかもしれませんね。

 

急に気持ちが切り替われる人もいれば、

そうなれない方もいらっしゃいます。

そのお気持ちも良くわかります。

僕も一緒でしたからね^^

 

ですが、少しずつ、少しずつ、

二人三脚で一緒に前に進めたらと思っています。

 

まずは良かったら、意識して、

今の自分に出来る事はなんだろう?

と考えてみてくださいね^^

 

あなたの笑顔が私の喜びです。

 

本日も大切な時間の中、

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

 

 

---------------------------

【豊田市・みよし市の整体・カイロプラクティック】鍼灸師も通う紡ぐ

産後の骨盤矯正・託児保育サービスがあります。

愛知県豊田市西町2-55 中根ビル2F
豊田市駅から徒歩5分

定休日:火曜日

完全予約制 新規の方は先着1日4名

0565-50-5776

「ホームページを見て・・・」とお電話くださいね。

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/toyotacairo/

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_2929106/

過去のブログ一覧→http://www.toyotacairo.com/blog/

-----------------------

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す